②スキマ時間を活用しよう

<1日平均2~3時間はあります!忙しい人ほど活用しましょう!>

社会人は、平日は仕事をしているために「勉強時間が思うように取れない」という人も多いのではないでしょうか。残業が多い仕事であれば、尚更のこと。そこで、おすすめしたいのが「スキマ時間を活用すること」です。
そこで、代表的なスキマ時間を紹介しましょう。

通勤時間
電車やバスの中で座れるのであれば、テキストを読んだり、立っている場合は講義CDなどを聴くのに最適。通勤時間は毎日のことなので、「今日はここまでやる」と目標を決めて取り組むとよいでしょう。

ランチタイム
同僚とランチに出かけると、1時間は棒に振ってしまいますので、試験が終わるまでは、おにぎりやパンを片手にランチタイムも勉強しましょう。

また、試験直前では、朝食や夕食時にも勉強するくらいの気持ちでいることが大切。この時期は「お行儀が悪いから」なんてことは言っていられません。

病院などでの待ち時間
診察までの時間や、薬を処方してもらうまでの時間も大切なスキマ時間です。常にテキストを持ち歩いて、いつでも見られるようにしておきましょう。

トイレタイムやお風呂タイム
トイレの壁に暗記しなくてはいけない語句や数字を貼っておき、お風呂では湯船に浸かりながら、テキストや単語帳を見ておきましょう。

このように、1日を通してスキマ時間というのは意外にあるもの。
平均して1日2~3時間はあるのではないでしょうか。すべてのスキマ時間を勉強に充てなくてならないというわけではありませんが、うまく活用しながら、勉強に取り組むとより効果的でしょう。

通信教育NO.1 FP 2級(AFP資格)が37,800円~

http://fp-tsusin.com/

⇒FP2級の最速合格法の秘密を公開しています!