①合格率から見る難易度

<過去7回の平均合格率(学科と実技の同時受検)は約28%!>

【FP 2級の合格率】
  学科試験のみ 実技試験のみ 学科+実技
平成26年5月 43.4% 62.28% 41.82%
平成26年1月 31.46% 59.94% 32.59%
平成25年9月 40.95% 48.51% 37.48%
平成25年5月 47.81% 58.63% 43.18%
平成25年1月 28.05% 57.30% 30.09%
平成24年9月 45.93% 56.52% 42.02%
平成24年5月 38.69% 51.54% 37.01%

上記は、FP 2級(AFP資格)の合格率です。

学科試験と実技試験があり、同時受検が基本です。ただし、学科試験または実技試験のどちらかにのみ合格した場合は、翌々年度末まで合格した試験は免除になります。この期間内に免除申請がない場合は、失効となりますのでご注意を。

ここでは、学科試験と実技試験の同時受検の合格率をもとに、FP 2級の難易度についてお話しましょう。

合格率には幅がありますが、平均は30%くらいです。
ちなみに、金融・会計系の他の資格と比べてみると…

【平成22年度 金融・会計系資格の合格率】

中小企業診断士 約4%
公認会計士 約10%
税理士 約16%
FP 2級(AFP資格)約37%
DCプランナー2級 約40%
証券アナリスト 約47%
※すべて最終試験の合格率

中小企業診断士、公認会計士、税理士の3つは難関資格なので、取得までに3~5年かかるのが一般的。それに比べるとFP 2級(AFP資格)の合格率は高いですよね。

また、証券投資のスペシャリストである証券アナリストよりは、合格率は低いです。FP 2級(AFP資格)は100人中37人が合格して63人が不合格ですので、しっかりと受験対策をとって学習すれば、合格できるレベルであるといえます。

次は勉強時間からFP 2級(AFP資格)の難易度を見てみましょう。

業界最安値!FP 2級(AFP資格)が37,800円~

http://fp-tsusin.com/

⇒FP2級の最速合格法の秘密を公開しています!