●FP 2級 試験科目と試験形式

<学科試験と実技試験、それぞれ試験形式が異なります!>

では、次に試験科目と試験形式について見てみましょう。

【学科試験】
科目 出題数
ライフプランニングと資金計画 10問
リスク管理 10問
金融資産運用設計 10問
タックスプランニング 10問
不動産 10問
相続・事業承継 10問
60問
【実技試験】
科目 出題数
FP総論 2問
金融資産運用設計 4問
不動産 3問
リスク管理 4問
タックスプランニング 3問
相続事業・承継 3問
ライフプランニング・総合問題 21問
40問

<ポイント>
学科試験は、120分で60問を解くため、1問あたり約2分で解答しなければなりません。問題の中には長文問題もありますが、時間が短いため、迷っている暇などはありません。

実技試験は、ライフプランニング・総合問題が21問と約半分を占めています。FPは、ライフプランニングを提案することが主な業務のため、より実務に近い問題が多く出題されるのです。

【試験形式】

学科試験
⇒筆記 マークシート形式・
四肢択一式。4つの解答から1つ選ぶ形式です。

実技試験
⇒筆記 記述式。
択一・語群選択・空欄記入を含みます。

合格率が高い! FP 2級(AFP資格)講座

http://fp-tsusin.com/

⇒FP2級の最速合格法の秘密を公開しています!